SEアラサー女の試行錯誤

ダイエットと仕事と資格に奮闘するホントは恋活したい日々.log

ピルを服用していると太りやすいのか?ということについて

生理の周期安定のために2016年12月からピルを服用してはや一年半です。


飲み始める前は、太るんじゃないか??とだいぶ心配していましたが、

結論から話しますとそんなことはありませんでした。

そういうわけで、似たような悩みを持って二の足踏んでいる方にむけてこの記事を書いみます。

 

服用していたピルについて

フリウェル配合錠というジェネリックのお薬です。低容量ピルに該当します

実際のところ体重変化

健康診断の結果で並べてみました。(朝食抜きでだいたい毎年同じコンディションです)

f:id:lucy_be2en:20180510121723p:plain

  • 2015/7 48.1kg
  • 2016/7 47.2kg
  • 2017/7 51.4kg

4kgも増加しているじゃないか!と思われるかもしれませんがこれには別の理由があります。

 

資格取得のため、2016年9月頃から約半年にわたって週3~4でカフェで勉強していた時がありました。私の住んでいる愛知はモーニングという文化があり、サラダ、ゆで卵、トーストにベーコンさらには小倉あんこや茶碗蒸しまでコーヒー1杯で様々な朝食が楽しめます。

だいたい一回カフェに行くごとに、少なくても500kcalを普段の生活にプラスするようになりました(元々は朝ごはん食べないタイプ)

 

結果、少なめに週3として見積もったとしても

毎週1500kcal×1ヶ月分(4週とする)×6ヶ月=36000kcal

1kg増えるのに7200kcalとして割ると、ちょうど5kgです。

4kg増量はなんとなくこれでお察しください。

 

ピルによるメリット

飲み始めて、以下のようなメリットが感じられました。生活が生理に縛られることがほぼなくなり、仕事とプライベートの生産性が生理周期に影響されないという快適さを感じています。

  • 生理周期が安定し、28日周期で必ずくるようになった
  • 生理前のだるさがなくなった
  • 経血量(生理出血量)がだいぶ少なくなった
  • 生理前特有の食べたい欲がなくなった

 

ピルによるデメリット

飲み始めの2日目だけ本当に吐き気がつらかったですが、それ以外のデメリットは私によって許容できるレベルです。最後のはデメリットなのかといわれると微妙ですが。

  • 飲み始めの段階でつわりのような吐き気に襲われた(2,3日のみ)
  • ピルを買うことによるコストがかかる(月2000円ほど)
  • 体質によってはむくんでしまう
  • 生理前でも体調がよいのでよく食べる

 

生理周期ダイエットについて

生理後に体重が落ちやすいということで、生理周期ダイエットを耳にした

事のある方は多いと思います。生理周期のホルモンバランスにあわせて

ダイエットをするというダイエット方法です。

ピルを飲むと妊娠状態と同じにホルモンバランスるため、

生理周期ダイエットは理論上できなくなります。

 

 

まとめ

ピルによって太ったということはありません。

もちろん遠回しな影響はなきにしもあらずですが、誤差レベルだと思います。

また、かかりつけのお医者さまは、むくむことはあるけど太るはないとのお話をしていただいています。

 

ピルを服用しはじめて生理前~生理中の生活の質が本当に向上しました。

服用すると太るのが心配ということでしたら、念のためお医者さんにその旨を

伝えたうえで、ピルの処方をお願いしてみるのもよいと思います。